■カウンター

■プロフィール

ベイサン

Author:ベイサン
*りん*
アプリコット 2005.9.3生まれ ♀
好き:妹1、ご飯、陽だまり、布団、車
嫌い:コドモ、犬、散歩、留守番
性格:ビビリでヒッキーな毒舌家
    我が家のSP担当

*のあ*
ブラック 2005.11.29生まれ ♀
好き:散歩、ボール、ベイサン、膝の上
嫌い:シャンプー、服、ブラッシング
性格:天然系で自由奔放な野生児
    我が家の渉外担当

■倫's BD 2005.9.3

*script by KT*

■野愛's BD 2005.11.29

*script by KT*

■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ
■最近のコメント
■お気に入りブログ

■お出かけ先リスト

■ランキング

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ

■ブログ内検索

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ハナシの話
今日はちょっと重めのお話。

私たちの備忘録も兼ねているので
かなり長い日記になると思います。

ここんとこ、覚えたての携帯から
ショートショートでアップしてた感じとは
全然テイストが違うかも。

気が乗らない方はスルーしてくださいね。


テーマはずばり、歯 です。


りん: りん、ここで走るの、だぁいすき♪



ご存知スーパーヘタレの我が家のりん。
歯磨きも苦手でガジガジ歯ブラシをかじっちゃう上に
どうやらかなり歯石が溜まりやすいタイプらしく。

なので約2年ほど前に初めて全身麻酔で歯石取りをした後も
2回ほど無麻酔で歯石取りをしてもらってました。



で、
先週、3回目の歯石取りをしてもらったんですね。


そしたら。


翌日歯磨きをしたら、
なんと下の切歯(犬歯の間のちっこい前歯)が
全部グラグラと簡単に動くんです!!


慌てて歯石取りをした病院に電話をしたら
「歯石取りが原因じゃないと思いますよ」
とサラリと言われました。

でもやっぱり今までこんなことなかったし、
歯石を取る前日までは明らかに
歯磨きをしてもまったく歯の動揺はなかったんで
その翌日にもう一度診てもらいに行ったんだけど。


「今までも(歯石を取った後は)毎回こんな感じでしたよ。」
と、やっぱりめっちゃ軽~いお返事。

いや、こんなになったの、
今回が初めてなんだけどな。
でも、アタシたちが見逃してただけなのかな…
なんて思ってみたり。

そして、歯周ポケットの掃除に毎週通うか、
手術で一度歯肉をはがして掃除し、縫い合わせるか
どちらかにしましょう、と言われました。

とりあえず抗生剤と塗り薬を頂いて帰宅。


りん: おっかけるのだって、すっごく上手なんだからぁ☆



でもさでもさ、
今までもこんな感じだったってことは、
これ、放置していいレベルってこと?

って、
翌日その病院にメールで問い合わせたら、

「治療は必要なレベルだし、おもちゃも一切禁止です」
とサックリ。

…え?
毎回、歯石を取るたびにこんな感じだったって言ったよね?
おもちゃも一切ダメなくらい、重症なの?

…じゃ、なんで歯石を取った後に何の説明もなかったの?
うっかりアタシたちが気付かずに放置してたら、
りんはどうなってたの…?

なんて考えたら、怖くなっちゃって。



多分、りんの歯は歯石で支えられてたんだろうね。
だから歯石を取ったら歯がグラグラしちゃったんだろうね。

だから、その歯医者さんがミスをしたなんて思ってない。
きちんと最初から説明してくれたら信頼できたのに。
犬目線のいい先生だと思ってたんだけどな。

相性が合わなかったってことなのかな。

今考えれば、
毎回の歯石取りの時も、
待合室で受け付けのお姉さんにりんを預けて
終わった後にまた待合室で返されて、
先生に会うことってなかったっけ。

その時点でアレ?って思うべきだったのかなぁ。


りん: だいじょぶだいじょぶ!りん、楽しいから!



そんな感じで、
歯医者さんからの、そのメールの返事を読んだ時から、
とにかく情報収集し始めました。

もちろん、りんのあの歯磨きも
この状態でどうやるのがベストかを試行錯誤しながら、
悩みつつ毎日続けました。

そして、いただいた抗生剤を飲みきる頃になっても
りんの歯のぐらつきが全然改善しなかったので
別の病院を探して、行ってきました。


幸いなことに、その病院は車で30分もしないで着く距離。
最初の歯医者さんは高速飛ばして行ってたからね。

診療時間の前に着いたのですが、
あら、もう並んで待ってる人がチラホラ…。
人気がある病院なのかしら。
建物もきれいだし、第一印象は悪くないわ。

で、診察室に呼ばれた後。
若くて優しそうな先生がまず丁寧に問診。

そのあと、おもむろに院長先生登場。
そして1時間以上もかけて丁寧に説明してくれました。


…りんの歯は、歯槽骨という、
歯を支えるあごの骨が溶けてる状態だと思われること。

…初期であれば歯槽骨の再生も期待できるけど、
症状が進んでいると元には戻らないこと。

…グラついている歯はかなり痛いはずだということ。

結論。
抜いた方がいいでしょう、と。

涙。


歯がなくなるって、人間だと寿命にもかかわるけど…?
と質問したら、
痛みを取ってあげる方がよっぽど寿命は延びます、と
断言されました。

納得かも。

一抹の不安を残しながら、一応手術の予約をして帰宅。
キャンセルはいつでもできるしね、と思いつつ。

でも、一人の先生を盲信するのは怖くてできず、
少し遠かったけど、歯の専門治療をしている病院に
同じ日にセカンドオピニオンを聞きに行きました。



りん: ほら、こんなにしっかりエモノ捕まえられるのよ?元気よ?



昔ながらの病院って感じで、
建物を見た瞬間にUターンしそうになったけど(笑、
先生は腕が良さそうだったし、
せっかく来たんだから話だけでも聞くことに。


そしたらここの先生、りんの歯を見た瞬間、
あー、これは全部抜いたほうがいいな、と。

ポケットの掃除とか歯肉をめくっての手術をしても、
完璧にケアできないと数週間で逆戻りしちゃうだけだ、と。


そして、もっと詳しい話も色々。
歯石が歯と歯肉の間をカチカチに固めると、
その中に嫌気菌という空気を嫌う細菌が増えて炎症を起こし、
歯を支えている歯槽骨は歯石の内側でドンドン溶けていく。


プードルは特にあごの骨が薄い犬種で、
その薄い骨がさらに溶かされて薄くなると
簡単に骨折するんですって。

マズルの骨が全然なくなって顎がプヨプヨになってるコ、
あごの骨がバッキリ折れちゃってるコ…、

そんなレントゲン写真も見せられ、
りんのぐらついてる歯を無理やり温存しても、
いずれこうなりますよ、と言われました。



確かにどんなに歯磨きを頑張っても、
歯槽骨の周りまでなんて絶対磨けないし、
歯周ポケットがそこまで深くなってるなら
そこに炎症が広がるのも防ぎようがないし。


それから、こんなことも。
りんがグラグラになっちゃってる歯(切歯)は、
抜いても全然支障ありません!って。
ご飯はまるのみだし、歯ぐきも上手に使います、って。



ファーストオピニオンとセカンドオピニオン、
ほぼ一致してました。


もちろん、歯肉炎程度でおさまってるコや
歯周炎の初期のコなら、
歯を温存する方がいいに決まってます。


でも、軽く触るだけでフワフワ動いちゃうりんの歯を
温存したいというのは私たちのエゴだってことなんだね…。

歯並びのいい、歯石を取ったばかりの真っ白の歯。
こんな健康な歯を抜くなんて…と思ったけど、
健康な歯ってのがそもそも間違ってるんだね。


グラグラの歯でも、温存して
歯肉や歯槽骨の再生を期待できる位きちんとケアできる人も
もちろんいると思います。
飼い主さんが一生懸命そのコのことを考えて出した結論は、
どれも間違いってことはないと思います。


アタシたちもアタマが割れそうになる位
一生懸命考えました。

自分を責めたり、反省したり、後悔したりした後、
これからどうするのがいいのか悩みまくりました。

そして出した結論。

抜歯。

きっと我が家にとってはこれがベストの結論です。
それでも後悔しちゃうかもしれないけど。
判らないけど。

りんが痛みから自由になって幸せに過ごせることを願って、
レントゲンを撮ってみて、温存はムリだと判断された歯は、
抜くことにしました。



のあ: のあちゃんも、はみがき、がんばりますよぅ。りんちゃんも




それから、どちらの先生も異口同音に強調してたのは
無麻酔での歯石取りは、動物虐待です、ってこと。
このコ(りん)、相当痛かったでしょうね、って。

もちろん麻酔をかけられないコもいるだろうし、
一概には言えないとは思うけど。
一つだけ言えることは、
うちは二度と無麻酔での歯石取りはやらないってことです。


ちなみに、セカンドで行った病院の先生、
目の前で歯磨きのお手本を見せてくれました。

イヌが好きなフレーバーの歯磨きペーストをたっぷりつけて、
先がとがった、人間用の、
ちっちゃ~い、やわらか~い歯ブラシで。

人間用の歯ブラシは犬には硬すぎるって思ってたけど、
先生が使ってた歯ブラシを買ってきて使ってみたら、
りんものあも、逃げないしブラシも噛まなかった!

ってことは、痛くなかったってこと。

しかも、慣れるまでは10~20秒でサッと、でいいんですって。
何分もかけて、じゃイヤんなっちゃうよね。

歯ぐきと歯の境目を中心に、ゴシゴシって。
簡単でいいから、毎食後にきちんと磨くようにって。


りん: りん、歯磨き粉の味も、だぁいすき♡




メンドクサイって思うこともあったりんのあの歯磨き。
サボっちゃうことも多かった、りんのあの歯磨き。

でも今は、りんのあの歯がキレイになるって思うと、
楽しくてたまりません。

思いっきりほめながら、
ぎゅって抱っこしながら。

りんの残された歯と、のあの歯。
これ以上は絶対失いたくないから。

しかめっ面はりんのあにすぐ伝わっちゃうから、
笑顔で…ね。


今も、りんはご飯をがつがつ食べるし
おもちゃもブンブン振り回すし、
痛くないんじゃないかなって思っちゃったりもするけど…。

抜くのはホントにりんのためになるの?って
心がグラグラしちゃうけど…

放置して、りんが骨折したり、
細菌が心臓とかの大切な臓器に飛んで
命にかかわることになったり、
そんなことになったら絶対もっと後悔するから。

今、りんを守るために、できることを、します。


りんみたいな思いをする子がヒトリでも減るように、
長々と記録しました。

日本中の、世界中のわんこが、
みんなみんな、
しっぽプリプリと幸せでありますように…!!!

手術を終えたりんが、
この写真のように、また笑顔で
走りまわれますように…!!!

そんな願いを込めて。
スポンサーサイト


未分類 | 22:08:05 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
初めまして。
ブログ村から来ました。
とても興味深く読ませて頂いたのですがショックをうけました。
我が家にも5歳になるトイプーがいるのですが
歯磨きが嫌いでガウガウするし嫌がるし歯ブラシは噛んですぐにダメに
なるし…
グリニーズを食べさせてるから大丈夫と思っていたら歯石が付着しやすい体質らしく無麻酔で2回ほど除石しました。
この処置が犬にとってそんなに辛いものだとは思いもよらずで
怖くなりました。
その先生が使っていた歯ブラシはどこのメーカーの物でしょうか??
教えていただけないでしょうかよろしくお願いします。
2011-11-26 土 23:44:46 | URL | ぷっちママ。 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。